ラクトフェリンは何を食べれば摂取できる?

ラクトフェリンは何を食べれば摂取できる?

【ラクトフェリンは何を食べれば摂取できる?】
ラクトフェリンが身体に良いということは分かりました。
では、ラクトフェリンは何を食べれば摂取できるのか?気になるこの問題について考えてみましょう。
ラクトフェリンというのは、そもそも母乳に含まれているたんぱく質の一種です。
赤ちゃんに母乳を推奨しているのは、このラクトフェリンが多く含まれるからというのもひとつの理由なのです。
粉ミルクでもラクトフェリン入りのものも販売されています。

 

基本的に乳製品に含まれているというラクトフェリン、生乳に含まれておりその量はそう多くありません。
最近ではヨーグルトにラクトフェリン入りのヨーグルトがありますが、これは1個あたり100mgのラクトフェリンが含まれています。
1日1個のラクトフェリンヨーグルトを食べると、そこそこラクトフェリンを摂取することはできます。
ラクトフェリンヨーグルトは1個150円以下で買うことはできますが、1ヶ月だと4,500円程度になり、ラクトフェリンは1日100mgしか摂取できない計算になります。
食品で一番ラクトフェリンが含まれていると言われているヨーグルトがこのくらいなのですから、チーズなどはさらに少ない量のラクトフェリンしか含まれていません。
そして、チーズはそう多く食べることもできませんから、続けるのが難しいと言えるでしょう。